採用情報

RECRUIT 採用情報

  1. TOP
  2. 採用情報
  3. 田中 絢
設計部

常に現場に立ち、
実測から製品を生み出していく。

田中 絢 Ken Tanaka

2016年度入社/工学部卒

現場の計測から図面化
提案しながら、機械設計図面を作る。

自分の作ったものが図面上だけでなく、実際にどんな働きをしているのかまで見られる設計がしたいと考えていました。面接で社員の方の雰囲気が良かったことも決め手となり、当社を選びました。メイン業務は製鉄所設備の設計です。私のグループは実際に現場に足を運び、対象の機械とその周辺の現状を3Dレーザースキャナーで計測。スキャナーが入らない環境であれば手で形状や寸法などを描き起こして図面化し、機械の劣化調査や新規設備の設計などにつなげています。図面段階では、客先の担当者と現場で直接、配置などの打ち合わせを重ねながら、設計のニーズに応えています。

ゼロから設計した機械の
稼働を見届けるのがうれしい。

3年目に入った頃、初めて図面化から納入に至る設計の全ての流れを経験しました。「モーターを新しくするので、それを支える架台を新規設計してほしい」との要望。しかし現物を実測すると、既存の図面とは異なる部分ばかりで、ほとんどゼロベースで図面を描き起こすことになりました。それまでも図面は描いていましたが修正がメインだったため、「設計とはこういうものか」を実感しました。据え付け段階では、一部寸法が合わないトラブルもありましたが、先方の担当者や自分の上司、先輩と試行錯誤して無事に設置。きちんと付いた架台を見た時は、感動しましたね。何しろ「付かないね…」と仰るお客様の顔が、夢にまで出てきていましたから(笑)完成まで約半年。求めていた、ものづくりの醍醐味を感じた瞬間でした。

チームワークで仕事ができる
働きやすい環境。

きちんと完成品を見届けられる点も良いですが、図面業務も現場業務も、常に上司や先輩と相談しながら仕事を進めていけるのは、私にとってとても良い環境。皆さん朗らかで話しやすいです。また案件ごとにいろいろな現場を見られるので、幅広く情報を吸収して学んでいけます。基本的な設計の考え方は同じでも、対象物や配置する環境の条件によって、必要な精度や材料の加工方法などは異なるので、その時々の条件をクリアしながら設計していけるのが、この仕事の面白いところです。図面が読める、描けるのが設計者の基本ですが、私はそこがまだまだ未熟。今後は図面の精度をもっと上げて基礎的な力を伸ばしていきたいと考えています。