採用情報

RECRUIT 採用情報

  1. TOP
  2. 採用情報
  3. 山頭 哲也
エンジニアリング部

「あなたに任せたい」
そう言われるエンジニアに。

山頭 哲也 Tetsuya Yamagashira

2015年度入社/工学部卒

幅広くものづくりに関わる
トータルエンジニアリングという仕事。

プラモデルなど、ものを作ることが小さい頃から好きでした。当社のエンジニアリング部は、ただ設計をするだけではなく、3Dモデルでの強度解析や現場での試運転、納品まで携われ、幅広くものづくりに関われることに魅力を感じて入社しました。現在私の部署は、製鉄に使われる原料を運ぶベルトコンベアの設計・製作管理を担当しています。10数機種に分かれたベルトコンベアに2人の設計者がつき、部品の組み立てを示す組立図を書くことから業務はスタートします。客先との打ち合わせや、部品図や電気の配線図をお願いしている専門業者、部品工場との打ち合わせも頻繁です。コミュニケーションを意識して進めながら、プロジェクトのまとめ役として奔走しています。

専門知識と大きな課題を得た
40トンの巨大台車設計。

入社4年目にサブ担当として、製鉄所で使われる総重量40トンの台車を設計しました。一般的に製鉄所の台車は前や後ろにまっすぐ動きますが、この工程では台車にロボットのような複雑な動きをさせるため、プログラミングする必要がありました。過去に実績もなく、その時点で私の電気の知識はゼロ。基本は電気業者にお任せしますが、私も描き上がった図面をチェックして判断しなければなりません。業者の方に教えてもらいながら、知識を身に付けていきました。お客様の要望に応える形で納品はできましたが、結果的にコストが予算を大幅に超えてしまいました。予算管理も担う私たちは、お客様の思いとコスト面の両方を考えた上で、ベストな設計をする必要があります。私にとって今後の課題が見つかる大きな経験でした。

想像力を働かせて
より良い設計を実現する。

多くの現場経験が、設計者として成長させてくれたと感じています。良かれと思って設計していた形状に、製作現場から改善を求められハッとすることも。広い視野でものを捉えなければと心に刻んでいます。また私たちのお客様は日本全国、現場は海外にも及びます。納入する環境が毎回異なり、計画通りに組み立てて完成、とはなかなかいきません。現地での調整のしやすさまで想定して設計する必要があり、経験を糧に想像力を働かせて設計図に知恵を絞ることが、技術者としてのやりがいです。仕事の範囲は膨大で、大きな金額が動く仕事だけに責任は重大。でも着実にノウハウが備わり、現場で「若いのによく機械を理解しているね」と褒められると、うれしさが込み上げます。今後さらに専門性を極め、「あなたに任せたい」と求められるような存在になっていきたいです。