採用情報

RECRUIT 採用情報

  1. TOP
  2. 採用情報
  3. 小田 拓也
設計部

自分の思い描いた図面が形になり、
お客様に喜んでいただくこと。

小田 拓也 Takuya Oda

2016年度入社/国際環境工学部卒

作業者の声に耳を傾けて
ベストな設計を目指す。

大学の授業でCADソフトを使って機械の設計図を描くのが楽しく、鉄関係の設計図に携わってみたいと、地元北九州の当社を選択。今は製鉄所の主要設備である高炉の設計を、プロジェクトごとにチームで進めています。客先の担当者とやりとりしながら、先方の意向を図面に落とし込んでいきます。足場や配管など設備に付属する機械同士の納まりも含め、人の動線や安全性など、考慮すべき点はたくさんあります。設計を進めるうちに、どうしても「ここはしゃがむとメンテナンスがしにくい」などの声も出てくるので、全ての要件を満たす設計を目指す過程が、非常に難しくもあり面白いところです。

学びを深めた
海外製作プロジェクト。

入社後すぐは、部品単体の作図や図面の修正で経験を積み、一設備の計画、検討から作図完了までを任されたのは2年目に入ってから。海外の製鉄所の、高炉用バルブのメンテナンスに必要なデッキの計画を担当しました。まず大変だったのは、設備の知識が圧倒的に不足していたことです。何しろ初めて知る機械。当然そこに付属する機械のイメージもなく、後からスペースが足りなくなったり、形状や配置計画のやり直しが多発しました。海外製作なので英語で作図しなければならなかったのも一苦労でした。また日本の図面を参考にしようにも鉄のサイズ規格が日本と海外で異なるなど、苦労を重ねただけに得るものが大きかったです。

ニーズを満たし、
思いを込めて設計する。

設計は、実は各々のセンスに委ねられる部分が多い仕事です。例えば配管のルートなども、設計者によってアウトプットは全く異なります。お客様が求める仕様を満たしていれば形に答えはないので、自分の思い描いた図面が形になるのは、素直にうれしいです。規模や金額の大きな設計に携われるのも、やりがいの大きさにつながっています。海外のプロジェクトで担当した別の設備の製作が完了した時、客先の担当者から、「完成しました」と写真を撮って送ってくれました。本当に嬉しかったですね。今後の展望としては、部品単体だけではなく、上司のように大規模な設備全体の3Dモデリングも手掛けてみたい。チームワークが良く働きやすいこの環境で、自分の能力を高めていきたいと思います。